コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌研究会 がんけんきゅうかい

1件 の用語解説(癌研究会の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

癌研究会【がんけんきゅうかい】

1908年東大病理学教室で発足。1934年東京西巣鴨に癌研究所と付属病院を開設,本格的な研究と診療を開始した。第2次大戦でほとんど焼失,一時付属病院は東銀座に置かれたが,現在は研究所,病院とも豊島区西巣鴨に再建されている。
→関連項目青山胤通

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の癌研究会の言及

【癌】より

…胃,肺,子宮という癌の発生頻度の高い臓器の定期検診と,乳腺の自己検診を徹底するだけで,現在でも癌による死亡は半減させることができる。実際,近年癌研究会付属病院で手術される胃癌患者の40%,子宮頸癌患者の60%,乳癌患者の40%は早期癌で,これらの患者はほとんど完全に治癒しているのである。遺伝的素因があったり,癌原因子に曝露されたりして,いわゆる高危険度群に属する人たちには,特別な検診スケジュールが組まれるべきであろう。…

※「癌研究会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

癌研究会の関連キーワード病理学比較病理学病理生理学古生物病理学今村新吉木内信蔵グレフ田部浩三宅仁宮崎吉夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

癌研究会の関連情報