コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山胤通 あおやまたねみち

8件 の用語解説(青山胤通の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青山胤通
あおやまたねみち

[生]安政6(1859).2.21. 江戸
[没]1917.12.23. 東京
医学者。 1882年東京大学医学部を卒業,内科学教室に入り,翌年ドイツに留学。 87年に帰国して母校の教授となる。 97年医科大学付属医院院長,1901年医科大学学長となり,日本の医学界の指導者として医学教育制度,医療制度の整備に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あおやま‐たねみち〔あをやま‐〕【青山胤通】

[1859~1917]医学者。岐阜の生まれ。東大教授。伝染病研究所長。癌(がん)研究会を設立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青山胤通【あおやまたねみち】

医学者。美濃の人。1882年東大卒,ベルリンに留学,1887年東大教授となり,1894年北里柴三郎らとともに香港のペストを調査した。東大青山内科の主宰者として長く日本医学界の指導的地位にあり,癌研究会会頭,宮内省御用掛,伝染病研究所長などを歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山胤通 あおやま-たねみち

1859-1917 明治-大正時代の内科学者。
安政6年5月15日生まれ。青山景通の3男。青山徹蔵の義父。ベルリン大に留学,明治20年帰国して母校帝国大学医科大学の教授となり,34年同大学長。癌(がん)研究会をおこし会長,伝染病研究所長などをつとめる。27年香港で流行したペストを出張研究。また明治天皇の診療にもあたった。大正6年12月23日死去。59歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

青山胤通

没年:大正6.12.23(1917)
生年:安政6.5.15(1859.6.15)
明治大正期の内科学者。江戸生まれ。景通の3男。明治15(1882)年,東大医学部卒業。翌年,内科学専攻のためドイツに留学。20年に帰国,帝大医科大初代内科学教授となる。24年,医学博士の学位を受ける。27年10月,香港へ赴き黒死病(ペスト)研究に従事。帝大医科大付属病院長,東京帝大評議員などを歴任後,34年9月東京帝大医科大学長。大正1(1912)年には宮内省御用掛になり,1917年特旨により男爵。その門下からは入沢達吉など多くの著名な内科学者が出た。

(高安伸子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あおやまたねみち【青山胤通】

1859‐1917(安政6‐大正6)
内科学者。岐阜県出身。東大卒。欧州留学,主としてベルリン大学において内科学を専攻,1887年東大教授となり,青山内科を主宰し,全国にその名が知られた。付属医院長,医科大学(東大医学部)長を歴任。94年香港(ホンコン)でのペスト流行に際し,北里柴三郎らとともに調査に赴いたが,同症に感染,一時は危うかったが回復して帰国した。このペストに関する研究は彼の代表的な業績であるが,当時問題となっていた脚気についての仕事も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおやまたねみち【青山胤通】

1859~1917) 医学者。美濃の人。東大教授。明治の医学界の指導者。癌研究会を創立、初代会頭となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青山胤通
あおやまたねみち
(1859―1917)

明治・大正の医学者。安政6年5月15日美濃(みの)国(岐阜県)苗木藩士青山景通(あおやまかげみち)(1819―1891)の第3子として生まれる。1869年(明治2)国学者平田信胤(ひらたのぶたね)の養子となって、幼名の助松を胤通と改めたが、2年後に家庭の事情で青山家に復した。1882年東京大学医学部を卒業、翌1883年ドイツに留学を命ぜられ、ベルリン大学で内科学を専攻し、1887年に帰国、帝国大学医科大学(現、東京大学医学部)教授となった。1894年香港(ホンコン)にペストが流行したとき、調査研究のため北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)とともに政府から派遣されたが、このときペストに感染して九死に一生を得た。1897年大学付属病院長を兼ね、内科主任教授としてドイツ医学の輸入と、日本の医学の初期の発展に力を尽くした。おもな研究業績には、ペストをはじめとする感染症や脚気(かっけ)があるが、学問的業績よりもむしろ医学者として多くの人材を育て上げた功績が大きい。帝国学士院会員、癌(がん)研究会(現、がん研究会)会長、宮内省御用掛、伝染病研究所(現、東京大学医科学研究所)所長などを歴任した。大正6年12月23日食道癌で死去。[深瀬泰旦]
『鵜崎熊吉編『青山胤通』(1930・青山内科同窓会) ▽熊谷謙二編『思い出の青山胤通先生』(1959・青山先生生誕壱百年祭準備委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青山胤通の関連キーワード加藤義夫亀高徳平工藤外三郎酒井繁菅之芳瀬尾雄三辻寛治平山金蔵福島寛四渡辺雷

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青山胤通の関連情報