コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発信主義 はっしんしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発信主義
はっしんしゅぎ

隔地者 (離れた場所にいる者) に対する意思表示について,それが発信されたときに効力が生じるとする考え方をいう。発信とは,手紙の投函などのように意思表示が表意者の支配圏を離れることをいう。到達主義に対応する概念。民法では,到達主義が原則であり (97条1項) ,契約における承諾の意思表示などについて,発信主義を認めるにとどまる (526条2項,ただし解釈上争いがある) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はっしん‐しゅぎ【発信主義】

意思表示の効力が発生する時期を、それが発信されたときとする主義。例えば、手紙を郵便ポストに投函したときなど。→到達主義

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっしんしゅぎ【発信主義】

意思表示の効力が発生する時期を、それが発信された時とする立場。 → 到達主義了知主義

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

発信主義の関連キーワード了知主義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android