コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

到達主義 とうたつしゅぎ

3件 の用語解説(到達主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

到達主義
とうたつしゅぎ

離れた場所にいる者 (隔地者) に対する意思表示の効力は,表示が相手方に到達したときに生じるとされる民法上の原則をいう (97条) 。到達は,意思表示を記した書面などが相手方の郵便受けやその家族,使用人の手もとに到着すれば足り,相手方がそれを読むなどして内容を理解する (予知) ことまでは要しない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうたつ‐しゅぎ〔タウタツ‐〕【到達主義】

意思表示の効力が発生する時期を、その表示が相手方に到達したときとする主義。例えば、手紙が郵便受けに配達されたときなど。民法はこの立場をとる。受信主義。→発信主義

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうたつしゅぎ【到達主義】

意思表示の効力が発生する時期を、それが相手方に到達した時とする立場。民法は、到達主義を原則とする。受信主義。 → 発信主義了知主義

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone