コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発散の困難 はっさんのこんなん divergence difficulty

1件 の用語解説(発散の困難の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発散の困難
はっさんのこんなん
divergence difficulty

場の量子論摂動計算を行うと高次の摂動項がしばしば無限大になる。これを発散の困難という。発散には低エネルギー部分に関係した赤外発散と高エネルギー部分が原因になる紫外発散がある。前者は質量ゼロの素粒子が関与する場合に起り,関連した過程のすべての項を加えると発散は消えることが証明される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の発散の困難の言及

【くりこみ理論】より

…場の量子論で,例えば電荷や電子の質量を求める場合,高次の補正を行うとその値が無限大となってしまう。これを発散の困難divergence difficultyといい,発散の困難を防ぐために,第2次世界大戦後まもなく,朝永振一郎,R.ファインマン,J.シェウィンガーによって独立に考案された処法をくりこみ理論という。古典論においてもすでに点電荷としての電子が自分自身に及ぼす力が無限大になってしまうという発散の困難に直面していたが,この困難は本質的な解決をみることなく物理学は量子力学の形成,さらに相対論的量子論の建設へと進んだ。…

【場の量子論】より

…しかしすぐにこの理論が不完全であることが指摘された。場が相互作用をしているとき,高次の補正を計算しようとすると答えが無限大になってしまう(発散の困難)のである。この問題は現在でも未解決である。…

※「発散の困難」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発散の困難の関連キーワードくりこみ理論摂動摂動論量子論長年摂動計数型自動計算機バーバ散乱ファインマン則ラグランジュの摂動方程式永年摂動

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone