コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はっし ハッシ

2件 の用語解説(はっしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっし

[副]
堅い物どうしがぶつかるさま。また、その音を表す語。「刀をはっしと受けとめる」「丁丁(ちょうちょう)はっし
勢いよく飛んで物に当たるさま。「好球をはっしと打ち返す」
物を強く打ち付ける音を表す語。
「高札を打たう。―、―」〈続狂言記・牛馬
物の言い方が的確なさま。はきはき。
「物を―、―と申して」〈虎寛狂・粟田口
[補説]「発止」とも当てて書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっし【発止】

( 副 )
(多く「と」を伴う。「発止」とも当てる)
強く打ったり、勢いよく飛んでくる物を受け止めたりするさま。 「来た球を-と打つ」
堅い物どうしがぶつかる音を表す語。また、ぶつかるさま。 「丁々ちようちよう-」 「莨たばこ盆の火入に抵あたりて-と割れたり/金色夜叉 紅葉
物の言い方が的確なさま。 「物を- -と申して/狂言・粟田口 虎寛本

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

はっしの関連情報