コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びしびし ビシビシ

デジタル大辞泉の解説

びし‐びし

[副]
棒などで続けて強く打つ音や、枝などの続けて折れる音を表す語。「竹刀でびしびし打たれる」
遠慮や手加減をせず、きびしく行うさま。「金をびしびし(と)取りたてる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びしびし

( 副 )
次々と、容赦なく、厳しく行うさま。 「 -教え込む」 「 -(と)取り締まる」
物が勢いよく続けざまに当たる音を表す語。 「銃弾が-と壁に当たる」
(床板など)物がきしむ音を表す語。 「廊下が-鳴る」
鼻汁をすすりあげる音を表す語。 「しはぶかひ鼻-に/万葉集 892

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

びしびしの関連キーワード下種は槌で使えぴしぴしびしばし手加減万葉集咳かふ緊緊鼻汁

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びしびしの関連情報