コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発起・発企 ほっき

1件 の用語解説(発起・発企の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ほっき【発起・発企】

( 名 ) スル
新しい事を企てること。 「自ら首唱-して/緑簑談 南翠
信仰心をおこして出家すること。仏を信ずるようになること。発心。 「就なかんずく本願皇帝-の叡念は大悲普現の観自在弘誓の海これ深く/盛衰記 24
あきらめること。我を折ること。 「おのれと-し/浮世草子・新色五巻書」
物事のはじめ。特に、仏典の本文の初めの部分。 「観経の-には…を説いたり/妻鏡」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone