重衡(読み)シゲヒラ

精選版 日本国語大辞典の解説

しげひら【重衡】

[1] 〘名〙 握り飯に茶をかけて食うこと。
※俚言集覧(1797頃)「重衡 結ひ飯に茶をかけて食を重衡と云〈略〉結ひ飯に茶をかけたるは奈良茶飯に勝ると云意也」
[2]
[一] 京都市上京区新町通一条上ルにあった銘酒屋の屋号。また、そこで造る酒の銘をもいうか。近世から明治三〇年代ごろまで続いた。〔雍州府志(1684)〕
[二] 謡曲笠卒都婆(かさそとば)」の別名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重衡の関連情報