コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発途 ハット

デジタル大辞泉の解説

はっ‐と【発途】

[名](スル)出発すること。出立。
「予(わ)が始めて人世に―せし時」〈中村訳・西国立志編

ほっ‐と【発途】

出発すること。門出。はっと
「京師を―なす頃迄は」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっと【発途】

( 名 ) スル
いで立つこと。かどで。出発。出立。 「人世に-せし時/西国立志編 正直

ほっと【発途】

( 名 ) スル
出発すること。はっと。 「京師を-なす頃までは/近世紀聞 延房

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発途の関連キーワードCDMクリーン開発メカニズム)植林世界エイズ結核マラリア対策基金NHK海外たすけあい募金インフォーマルセクターopen βtest発展途上国開発問題グラントエレメント資源ナショナリズムAsia car特恵原産地証明書グローバルヘルス77か国グループ特別特恵関税制度海外経済協力基金ブーメラン効果新国際経済秩序スモークテストコンソーシアム垂直的国際分業アジア開発銀行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android