コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井宗因 しらい そういん

1件 の用語解説(白井宗因の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井宗因 しらい-そういん

?-? 江戸時代前期の国学者。
寛文-延宝(1661-81)ごろの大坂の医師。神儒一致をとなえ,仏教,道教を批判。「新撰姓氏(しょうじ)録」に訓点をほどこし,はじめて刊行した。号は白雲散人,自省軒。著作に「神社啓蒙」「日本書紀神代私説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白井宗因の関連キーワード副市町村長ソテル世界銀行国際海事機関IMO腎臓移植クラフトビールミャンマー総選挙(2015年)山谷地区夕張市の財政再建計画の変更

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone