コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合肥 ゴウヒ

5件 の用語解説(合肥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごうひ〔ガフヒ〕【合肥】

中国安徽省の省都。古来、水陸交通の要地。製鉄・機械・化学などの工業が盛ん。ホーフェイ。人口、行政区166万(2000)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

合肥【ごうひ】

中国,安徽省の省都。旧名廬州。漢代以来の要衝で,現在淮南(わいなん)鉄路と肥水・巣湖水運の連絡地点をなす。付近は豊かな水田地帯で,その農産物の集散を行うほか,農機具鉱山機械自動車などの製造工業行われる
→関連項目安徽[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごうひ【合肥 Hé féi】

中国,安徽省の省都。省の中央に位置し,長江(揚子江)流域と淮河(わいが)流域の中間にあって水陸交通の中心。淮南鉄道(蚌埠(ぼうふ)~蕪湖北)が通る。長豊県,肥東県,肥西県を含めて合肥市を構成する。面積は7025km2(市区は458km2),人口396万(うち市区は113万)(1994)。周辺は淮南の水田を主とする農耕地帯で,合肥は小麦や米の集散中心として発達した商業都市であったが,現在は省都として政治・文化の中心で,工業都市としても発達しつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごうひ【合肥】

中国、安徽あんき省の省都。鉄鋼・機械などの工業が発達。ホーフェイ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合肥
ごうひ / ホーフェイ

中国、安徽(あんき/アンホイ)省中部にある市で、同省の省都。肥水(ひすい)に沿い、南に巣湖(そうこ/チャオフー)を控え、水路網が縦横に走る皖中(かんちゅう)平原の中心地で、中原(ちゅうげん)と江南を結ぶ交通路上の要地として発展した。春秋時代は舒国(じょこく)の地で、漢代に合肥県が置かれた。隋(ずい)代に廬州(ろしゅう)が置かれ、南宋(なんそう)代には金に対する最前線となり交易場が置かれた。明(みん)・清(しん)代は廬州府治であった。1949年に市が設けられ、安慶(あんけい/アンチン)から省都をここに移した。解放前は消費都市であったが、解放後、各種工業が急速に発達し総合工業都市となった。鉄鋼、鉱山用機械、電動機、紡織、化学、電子機器、建材などの工場が立地している。旧城壁の取り払われた跡が環状道路となり、城濠(じょうごう)の跡が包河(ほうが)公園に姿を変えた。旧市街南方に広大な新市街地が形成されている。名勝旧跡には逍遙津(しょうようしん)園、教弩台(きょうどだい)などがある。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合肥の関連キーワード奉天安徽貴州済南省都太原中州福建三省の奏安徽[省]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合肥の関連情報