白井貴子(読み)しらいたかこ

  • 白井貴子 しらい-たかこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1952.7.18. 岡山
バレーボール選手。 1976年モントリオール・オリンピック競技大会で優勝した日本女子チームの中心選手。旧名尹正順。岡山県の片山女子高校中退,1968年に倉敷紡績 (倉紡) 倉敷に入社。倉紡バレーボール部白井省冶監督の養女となり,日本国籍を取得した。 1m80cmをこえる長身をいかした強烈なスパイクで全日本のエースアタッカーとして活躍。 1972年ミュンヘン・オリンピック競技大会では銀メダルを獲得。その後日立移り,山田重雄監督のもと東京オリンピック競技大会以来の女子金メダル獲得を目標に猛練習に励んだ。モントリオール・オリンピックでは,日立中心に構成された日本代表チームの中核として,宿敵ソビエト連邦を相手に強打を連発,セットカウント3-0 (試合時間 55分) で圧勝し念願の金メダルを獲得した。セッター松田紀子とのコンビで相手を翻弄した「ひかり攻撃」は,水平に流れる低くて速いトスを打つ速攻バレーで,当時の新幹線『ひかり』の速さから名づけられた。 1984年現役引退。 2000年に日本女性初のバレーボール殿堂入り。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1952- 昭和時代後期の女子バレーボール選手。
昭和27年7月18日生まれ。倉紡にはいり,同バレーボール部監督の養女となり日本国籍を取得。昭和47年ミュンヘン五輪で全日本のエースアタッカーとして活躍し,銀メダル。同年日立にうつり,50年世界選手権優勝,51年モントリオール五輪で金メダル獲得の原動力となる。53年引退。岡山県出身。片山女子高中退。旧名は尹正順。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android