コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井貴子 しらいたかこ

3件 の用語解説(白井貴子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白井貴子
しらいたかこ

[生]1952.7.18. 岡山
バレーボール選手。 1976年モントリオールオリンピック競技大会で優勝した日本女子チームの中心選手。旧名尹正順。岡山県の片山女子高校中退,1968年に倉敷紡績 (倉紡) 倉敷に入社。倉紡バレーボール部白井省冶監督の養女となり,日本国籍を取得した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井貴子 しらい-たかこ

1952- 昭和時代後期の女子バレーボール選手。
昭和27年7月18日生まれ。倉紡にはいり,同バレーボール部監督の養女となり日本国籍を取得。昭和47年ミュンヘン五輪で全日本のエースアタッカーとして活躍し,銀メダル。同年日立にうつり,50年世界選手権優勝,51年モントリオール五輪で金メダル獲得の原動力となる。53年引退。岡山県出身。片山女子高中退。旧名は尹正順。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

白井 貴子


芸名
白井 貴子

性別
女性

出身地
神奈川県

デビュー年
1981

職種
音楽

プロフィール
1981年、シングル『内気なマイ・ボーイ』でデビュー1984年、シングル『CHANCE』のヒットをきっかけに、女性ポップロックシンガーの先駆者的存在となる。1996年、NHK『ひるどき日本列島』のレギュラーとして3年間活躍。以降、紀行番組のリポーターとしても多数出演。2006年、デビュー25周年を機に「TAKAKO&THECRAZYBOYS」として本格的にバンド活動を再開。2013年、富山・高岡の町おこシネマ「がんばれサンダーバーズ」上映。2014年ESDユネスコ世界会議オフィシャルサポーターを務める

デビュー作
『内気なマイ・ボーイ』

代表作品
シングル『CHANCE』 / NHK『ひるどき日本列島』(1996) / シングル『美しい地球』(2003)

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

白井貴子の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白井貴子の関連情報