白兎(読み)しろうさぎ

精選版 日本国語大辞典「白兎」の解説

しろ‐うさぎ【白兎】

〘名〙
① 白毛のウサギ。日本白色種、白色アンゴラ種など、全身白色の飼いウサギ。
※御伽草子・十二類歌合(類従所収)(室町末)「明がたの月のひかりのしろうさきみみにぞたかき松風の声」
② (冬季、白色になったときにいう) 「えちごうさぎ(越後兎)」の異名。
※毛吹草(1638)四「越後〈略〉白兎(シロウサギ)

はく‐と【白兎】

〘名〙 白い毛のウサギ。しろうさぎ。
※経国集(827)一四・秋月夜〈滋野貞主〉「白兎因蓂雲葉霽、恒娥竊仙居寒」 〔後漢書‐光武紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android