コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白太 シラタ

大辞林 第三版の解説

しらた【白太】

杉の白い材。白肌。
木材の、樹皮に近い白色をしている部分。辺材。白材はくざい。 ⇔ 赤身

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白太の関連キーワード天満宮菜種御供菅原伝授手習鑑奥羽越列藩同盟秀吉と利休岩井 染八岡屋関白記小松天満宮白身・白味三大名作鷹司兼輔近衛経熙近衛尚通近衛稙家一条兼良近衛兼経一条冬良尊信女王トチノキ近衛家久貞信公記

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android