白帯下(読み)ハクタイゲ

世界大百科事典 第2版の解説

はくたいげ【白帯下 leucorrhea】

女性性器からの分泌物を帯下というが,とくに無色透明ないし白色,淡黄白色の帯白帯下という。炎症,腫瘍などにより,膿性になったり,血膿が少量混入した場合は,それぞれ黄帯下ないし血性帯下と呼ばれる。白帯下には,生理的なものと病的なものとがある。生理的なものとして,排卵期に頸管粘液の増量や分泌亢進が起こることによって帯下感を訴えることがある。妊娠時や性的興奮時にもみられる。また,生後数日の新生女児や思春期にもみられることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白帯下
はくたいげ

帯下(こしけ)のうち、病的ではなく生理的で、白色を呈するものの呼称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はく‐たいげ【白帯下】

〘名〙 婦人の性器からの分泌物。生理的なものと病的なものとがある。しらち。こしけ。はくたい。
※七新薬(1862)一「破、瘻瘡、白帯下等の諸症に用ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白帯下の言及

【帯下】より

… 帯下の成分は剝脱(はくだつ)した腟粘膜上皮細胞,白血球,細菌,粘液などで,正常ではpH4.8~5.0の弱酸性で,無臭ないし軽度の酸臭を有するが,病的帯下では弱酸性,中性,アルカリ性で,トリコモナス,カンジダ,嫌気性菌,ブドウ球菌,多量の白血球を含む。程度によって白帯下,黄帯下,血性帯下に分ける。白帯下は無色透明ないし白色,淡黄白色のものであり,黄帯下は膿性のために黄色が強くなったもので,細菌と白血球が多く,炎症性の場合に多い。…

※「白帯下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android