白木博次(読み)しらき ひろつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白木博次 しらき-ひろつぐ

1917-2004 昭和後期-平成時代の神経病理学者。
大正6年10月22日生まれ。昭和34年東大教授となる。54年白木神経病理学研究所を設立。美濃部亮吉東京都知事のブレーンとして医療行政にかかわる。スモン訴訟では患者側証人として出廷,キノホルム原因説のデータを田辺製薬との共同実験でえたことを公表した。平成16年2月19日死去。86歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「冒される日本人の脳」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android