コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白真弓肥太右衛門 しらまゆみ ひだえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白真弓肥太右衛門 しらまゆみ-ひだえもん

1829-1868 幕末の力士。
文政12年生まれ。嘉永(かえい)7年入幕,名を燧洋(ひうちなだ),駒ケ岳とかえたが,のち白真弓にもどす。巨体怪力で知られ,錦絵にもえがかれたが,前頭筆頭でおわった。身長2m8cm,体重150kg。年寄浦風を襲名。明治元年11月9日死去。40歳。飛騨(ひだ)(岐阜県)出身。名は奥右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白真弓肥太右衛門の関連キーワード力士

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android