コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石千別 しらいし ちわき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石千別 しらいし-ちわき

1817-1887 江戸後期-明治時代の武士,新聞人。
文化14年生まれ。幕臣。下総守(しもうさのかみ)。神奈川奉行,外国奉行などを歴任。足代弘訓(あじろ-ひろのり),大国隆正らにまなぶ。維新後,「有喜世新聞」「いろは新聞」などの主幹をつとめた。明治20年死去。71歳。通称は忠太夫。号は今様翁。著作に「今様歌集」「幕末外国奉行白石忠太夫日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白石千別の関連キーワード蓄音機東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門ウェーバーモンローキンダー妙心

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android