コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神奈川奉行 かながわぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神奈川奉行
かながわぶぎょう

江戸時代末期,外国との通商のため設置された幕府職名安政6 (1859) 年設置,おもな任務神奈川における貿易および外交交渉にあった。当初は5人の外国奉行が兼務し,万延1 (60) 年以降,専任となる。定員は2~3人で,禄高は 2000石。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かながわ‐ぶぎょう〔かながはブギヤウ〕【神奈川奉行】

江戸幕府の職名。神奈川開港場における外国関係の事務一切を取り扱った。安政6年(1859)老中支配下に設けられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

神奈川奉行【かながわぶぎょう】

江戸幕府の遠国奉行の一。神奈川奉行所の長官。幕府は1858年安政五ヵ国条約締結で〈神奈川〉の開港を約した。しかし宿場外国人が立ち入ることを嫌った幕府が,翌1859年実際に開港したのは東海道神奈川宿(現横浜市)のではなく,横浜村(現同上)の浦であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かながわぶぎょう【神奈川奉行】

江戸幕府の役職で,神奈川(横浜)での外交事務をおもに担当した。神奈川開港直後の1859年7月3日(安政6年6月4日)に置かれ,当初は外国奉行の兼帯であった。場所高は2000石,長崎奉行上席で,神奈川奉行を兼帯する外国奉行は,手当として年に300両の支給を受けた。翌60年10月28日(万延1年9月15日)からは専任の役職となり,場所高2000石,役料1000俵と定められた。神奈川奉行の職務は,外国軍艦商船の入出港および貿易に関する事務,洋銀引換え,外国領事との折衝,開港場の治安維持などで,そのほか貢租徴収,風俗取締りなど,一般の遠国奉行所なみの行政事務もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かながわぶぎょう【神奈川奉行】

江戸幕府の職名。開港場神奈川(横浜市神奈川区)の外国関係の事務を担当。1859年に設置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神奈川奉行
かながわぶぎょう

江戸幕府の役職。幕末開港後、外国貿易の監督や外国人との交渉の任にあたるため設けられた。定員2~3人、2000石高、役料1000石、長崎奉行の上座とされた。幕府は1858年(安政5)五か国修好通商条約(米・英・蘭(らん)・露・仏)の締結により神奈川(後の横浜)を開港することとなり、翌59年外国奉行の水野忠徳(ただのり)、堀利煕(としひろ)、村垣範正(のりまさ)、酒井忠行(ただゆき)、加藤則著(のりあき)に神奈川奉行を兼務させた。青木町に会所を置き、戸部(とべ)村宮ヶ崎に奉行役所を、横浜村の中央に運上所(うんじょうしょ)(税関)を開いた。奉行5人のうち1、2人が交替出張して事務をみたが、60年(万延1)9月以降外国奉行の兼任をやめ、奉行職は専任となった。属僚に神奈川奉行支配組頭、同調役(しらべやく)、同定役(じょうやく)、同同心(どうしん)、同上番などがあった。[加藤榮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神奈川奉行の関連キーワード神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘ヴァン・リード松平康英(2)古屋佐久左衛門窪田治部右衛門野沢伊久太斎藤大之進合原猪三郎横浜[市]佐波銀次郎名村泰蔵酒井忠行下田奉行岡部長常竹本正雅新見正興白石千別今井信郎京極高朗阿部正外

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android