白石温麺(読み)しろいしうーめん

事典 日本の地域ブランド・名産品「白石温麺」の解説

白石温麺[加工食品]
しろいしうーめん

東北地方宮城県の地域ブランド。
白石市で製造されている。江戸時代の元禄年間(1688年〜1704年)、胃病を患うのため、息子が旅のからを使わないがあることを聞き、苦心小麦粉と塩水から造る麺を完成させた。この麺は滋養に富み、消化も良かったため、父の胃病はたちまち回復。温かい思いやりからできたこの麺は温麺と名づけられた。白石城下を流れる清水と清浄な空気が製麺に適していたと考えられる。300年余りに及ぶ伝統をもつ温麺は、ゆでやすく食べやすいことから定評を得ている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android