コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温麺/饂麺 ウンメン

デジタル大辞泉の解説

うん‐めん【温麺/×饂麺】

汁で煮たうどんの一種。特に、宮城県白石市特産の「うーめん」のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ううめん【温麺】


宮城県白石市の特産品で、を使わずに小麦粉塩水で作った長さ約10cmほどの麺。ゆでて水にさらし、しょうゆだれ・ごまだれ・くるみだれなどにつけて食べるほか、みそ汁鍋物にも用いる。江戸時代初期、胃病父親のために息子が旅の僧から胃に負担のかからない油を使わない麺の作り方を学び、父親に食べさせたのがはじまりとされ、領主からその温かい思いやりをほめられ、「温麺」と呼ぶことになったと伝えられる。◇「うーめん」と書くことが多い。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

温麺/饂麺の関連キーワード宮城県白石市大鷹沢三沢朝鮮料理白石温麺

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android