白石 喜之助(読み)シライシ キノスケ

20世紀日本人名事典「白石 喜之助」の解説

白石 喜之助
シライシ キノスケ

明治〜昭和期の牧師 メソジスト教会金沢部長。



生年
明治3年8月15日(1870年)

没年
昭和17(1942)年2月9日

出生地
薩摩国(鹿児島県)

学歴〔年〕
同志社中退,明治学院神学科〔明治28年〕卒

経歴
はじめ同志社に学び、明治25年夏期伝道で三重県津地方に赴くが、間もなく中退。28年明治学院神学科を卒業し、30年に按手礼を受けて日本基督教会の牧師として新潟に赴任。33年メソジスト派に移籍し、静岡県掛川教会牧師を皮切りに浜松・市川・甲府・サンフランシスコ・青山・名古屋・沼津・浜松高町・金沢の各教会の牧師を歴任して昭和10年に退職した。その間、大正9年から14年までのサンフランシスコ教会在任中にはアメリカにおける排日運動高揚の最中で伝道活動に尽力し、山梨・静岡・金沢では同派の支部長を務めた。一方、明治34年社会主義協会に入会し、伝道の傍ら社会主義思想の啓蒙・宣伝に努めた。またロシアの文豪トルストイの影響で平和運動にも挺身、37年の日露戦争に際してはメソジスト派機関誌「護教」に「余が非戦論」を著し、社会主義者としての視点とキリスト者的な愛他思想から非戦の論陣を張った。43年にはトルストイと文通。著書に「古代印度哲学」「基督教の宇宙観及人生観」「基督教読本」「女性基督教読本」など多数ある」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android