コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

按手礼 アンシュレイ

5件 の用語解説(按手礼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんしゅ‐れい【×按手礼】

キリスト教で、牧師司祭主教など聖職に就く者を按手によって聖別し、任命する儀式。カトリックでは叙階という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

按手礼【あんしゅれい】

英語ではordination。キリスト教会で,信徒を重要な職務(牧師,司祭など)に就かせる際に行われる聖別の儀礼で,上長により本人の頭に手が置かれる。ローマカトリックの〈叙階〉,聖公会の〈聖職按手式〉に同じ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あんしゅれい【按手礼 ordination】

キリスト教会が信徒を教会の重要な職務に就かせるとき,祈りとともにその人の頭に手を置き,霊的な力が与えられるようにした。これを按手と呼ぶ。プロテスタント教会では教師(正教師)の資格を与える儀式を,とくに按手礼と呼んだ。按手を受けた教師だけが牧師になれる。ローマ・カトリック教会叙階に相当する。聖公会では聖職按手式と呼ぶ。英語名は〈聖なる職務holy order〉に就かせることにちなむ。【加藤 常昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あんしゅれい【按手礼】

聖職につく者を按手によって聖別し、任命する儀式。ローマ-カトリック教会で叙階式と呼ぶのに対し、特にプロテスタント教会で用いる言葉。聖職按手式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

按手礼
あんしゅれい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

按手礼の関連キーワード教会法日本メソジスト教会監督教会教会堂キリスト教会聖職バプテスト教会輔祭加特力キリスト教系教会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone