コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白色合金 はくしょくごうきんwhite alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白色合金
はくしょくごうきん
white alloy

鉛,スズ亜鉛アンチモンビスマスなどの低融点金属およびその合金の総称。活字合金,はんだ,電気ヒューズ,ダイカスト材料,軸受合金などに用途が広い。鉛は表面に難溶性受働態皮膜をつくるので耐食性がよく,化学汚水排水管や化学流しの内張りに使われるほか,放射線防護用の鉛板,鉛ゴム,鉛ガラスの製造に用いられる。スズ,亜鉛がブリキ,トタン板として鋼板防食に使われるのは周知のとおり。スズは酒器,花瓶などの装飾鋳物にもなる。アンチモンとその合金は玩具,モデルカーなどに,ビスマスは易融合金の主成分に用いられる。スズと亜鉛は銅合金 (→黄銅 , 青銅 ) の添加成分として重要である。鉛白 PbCO3・Pb(OH)2 は白色顔料で,肌ののりがよいので昔は「おしろい」に使われたが毒性が強く,歌舞伎役者がよく鉛毒で死んだので,大正期におしろいとしての使用は禁止された。なお,標記の英語は俗には「にせ銀」の意味に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

白色合金の関連キーワードホワイトメタル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android