コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白血球ということばの意味 はっけっきゅうということばのいみ

家庭医学館の解説

はっけっきゅうということばのいみ【白血球ということばの意味】

 血液のなかの赤血球(せっけっきゅう)は、ヘモグロビン血色素(けっしきそ))を含むために赤く見えます。
 これに対して、顆粒球(かりゅうきゅう)(好中球好酸球好塩基球に分類される)、単球リンパ球などの血球は、ヘモグロビンを含まないので白く見えます。この白く見える血球をまとめて白血球と呼んでいます。
 英語では、白血球のことをleukocyte といいますが、これはギリシア語からの借用で、leuko は「白」、cyteは「細胞」を意味します。
 これを日本語に訳すときに、白血球ということばを用いたものです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android