コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白野夏雲 しらの かうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白野夏雲 しらの-かうん

1827-1900 明治時代の物産研究家。
文政10年閏(うるう)6月26日生まれ。もと駿河(するが)静岡藩士。維新後,開拓使,内務省,農商務省などにつとめ,日本各地の物産を調査して図譜などを作成した。明治33年9月8日死去。74歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。本名は今泉耕作。著作に「麑海(げいかい)魚譜」「十島図譜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白野夏雲の関連キーワード明治時代粘板岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android