白鳥処女説話(読み)ハクチョウショジョセツワ

デジタル大辞泉「白鳥処女説話」の解説

はくちょうしょじょ‐せつわ〔ハクテウシヨヂヨ‐〕【白鳥処女説話】

白鳥処女に化して地上に降り、人間の男にを取られて結婚するという筋の説話。特に女性の処女性を白鳥で象徴する。類型は世界的に分布し、日本の羽衣はごろも伝説昔話鶴女房つるにょうぼう」もその例。羽衣説話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「白鳥処女説話」の解説

はくちょうしょじょ‐せつわ ハクテウショヂョ‥【白鳥処女説話】

〘名〙 白鳥によって女性、特に処女性を象徴・寓意するタイプ伝説。世界各地にさまざまなに変形されて伝わる。日本の羽衣伝説も、その一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android