コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鼻心 ハクビシン

大辞林 第三版の解説

はくびしん【白鼻心】

ジャコウネコ科の哺乳類。頭胴長65センチメートル 内外、尾長約50センチメートル。体形はイタチとネコに似る。体は茶褐色で、顔の中央に白線が鼻筋を描く。夜行性で雑食性。雌雄とも会陰えいん付近に麝香囊じやこうのうをもつ。東南アジアに分布。日本にも生息し、在来種説と帰化動物説がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白鼻心 (ハクビシン)

学名:Paguma larvata
動物。ジャコウネコ科の哺乳動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

白鼻心の関連キーワードハクビシン(白鼻心)雑食性イタチ茶褐色体形尾長麝香鼻筋白線内外雌雄

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android