白鼻心(読み)ハクビシン

  • 白鼻心 (ハクビシン)

デジタル大辞泉の解説

ジャコウネコ科の哺乳類。猫大で、尾が長く、四肢は短い。体は褐色で、額から鼻すじを通る白帯がある。夜行性で、ネズミ・昆虫・木の実などを食べる。東南アジアに分布。日本でも本州中部以北と四国でみられるが、在来種か帰化動物か不明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Paguma larvata
動物。ジャコウネコ科の哺乳動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ジャコウネコ科の哺乳類。体長約六〇センチメートル、尾長はそれよりやや短い。体形はネコに似ている。体は灰褐色で、顔は黒く、鼻すじと目の上下に顕著な白帯がある。インド・東南アジア・中国・台湾などに分布。森林の木の穴にすみ、おもに樹上で活動し、夜出てネズミ・小鳥・果実などを食べる。日本の一部にも生息し、もともと生息していたとする在来種説と、移入され野生化したとする外来種説とがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android