コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百々玉翁 どど ぎょくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百々玉翁 どど-ぎょくおう

?-1841* 江戸時代後期の蒔絵(まきえ)師。
百々玉泉の孫。百々玉善の子。京都の人。仙洞(せんとう)御所,加賀前田家,肥前鍋島(なべしま)家の調度蒔絵をほどこした。のち江戸に出,将軍家より裏葵(あおい)紋付きの衣服をあたえられたという。天保(てんぽう)11年12月19日死去。通称は新蔵

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百々玉翁の関連キーワード百々玉泉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android