コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百川学庵 ももかわ がくあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百川学庵 ももかわ-がくあん

1800-1849 江戸時代後期の画家。
寛政12年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)の絵師。藩儒百川玉川の次男。朝川善庵儒学,谷文晁に画をまなぶ。詩文にもすぐれ,小姓格となったが,晩年蟄居(ちっきょ)を命じられた。嘉永(かえい)2年死去。50歳。名は子琢。字(あざな)は璞。通称は文平。別号に名山楼など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百川学庵の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)インド哲学クールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖勢道政治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android