百舌鳥長兄(読み)もずの ながえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百舌鳥長兄 もずの-ながえ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
日本書紀」によれば,大化(たいか)元年(645)国司の紀麻利耆拕(きの-まりきた)に属し東国に赴任。翌年の東国国司たちの施政に関する裁定で,麻利耆拕らとともに違法行為があったとして罪があるとされたが,大赦でゆるされた。斉明天皇5年(659)河内(かわち)(大阪府)西琳寺に阿弥陀(あみだ)三尊像を造立した土師(はじの)長兄と同一人ともされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android