コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百舌鳥長兄 もずの ながえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百舌鳥長兄 もずの-ながえ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
日本書紀」によれば,大化(たいか)元年(645)国司の紀麻利耆拕(きの-まりきた)に属し東国に赴任。翌年の東国国司たちの施政に関する裁定で,麻利耆拕らとともに違法行為があったとして罪があるとされたが,大赦でゆるされた。斉明天皇5年(659)河内(かわち)(大阪府)西琳寺に阿弥陀(あみだ)三尊像を造立した土師(はじの)長兄と同一人ともされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百舌鳥長兄の関連キーワードあすか官吏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android