コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百舌鳥長兄 もずの ながえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百舌鳥長兄 もずの-ながえ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
日本書紀」によれば,大化(たいか)元年(645)国司の紀麻利耆拕(きの-まりきた)に属し東国に赴任。翌年の東国国司たちの施政に関する裁定で,麻利耆拕らとともに違法行為があったとして罪があるとされたが,大赦でゆるされた。斉明天皇5年(659)河内(かわち)(大阪府)西琳寺に阿弥陀(あみだ)三尊像を造立した土師(はじの)長兄と同一人ともされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百舌鳥長兄の関連キーワードあすか官吏

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android