コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀麻利耆拕 きの まりきた

1件 の用語解説(紀麻利耆拕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀麻利耆拕 きの-まりきた

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大化(たいか)元年(645)東国国司として毛野(けのの)国に赴任したとおもわれる。「日本書紀」によると,任地で部下とともに公私のものをうばうなど六つの不正をはたらいたと朝集使から孝徳天皇に報告されたが,大赦令によってゆるされたという。名は乎麻呂岐太(おまろきた)とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone