コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百足海苔 ムカデノリ

デジタル大辞泉の解説

むかで‐のり【百足海苔】

ムカデノリ科の紅藻沿岸の岩上に生え、長さ20~50センチで、平たいひも状の主軸両側から多数の小枝を羽状に出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかでのり【百足海苔】

紅藻類カクレイト目の海藻。日本各地の沿岸に普通に見られ、干潮線下の岩上に生育。扁平なひも状の主軸・主枝の両縁から側枝を密に羽状に出し、ムカデのような形となる。やわらかくぬめりがあり、糊料とする。桜海苔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百足海苔の関連キーワードムカデぬめり海藻側枝糊料生育

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android