コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百足海苔 ムカデノリ

デジタル大辞泉の解説

むかで‐のり【百足海苔】

ムカデノリ科の紅藻沿岸の岩上に生え、長さ20~50センチで、平たいひも状の主軸両側から多数の小枝を羽状に出す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むかでのり【百足海苔】

紅藻類カクレイト目の海藻。日本各地の沿岸に普通に見られ、干潮線下の岩上に生育。扁平なひも状の主軸・主枝の両縁から側枝を密に羽状に出し、ムカデのような形となる。やわらかくぬめりがあり、糊料とする。桜海苔。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百足海苔の関連キーワードムカデぬめり海藻側枝糊料生育

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android