コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皂莢 サイカチ

デジタル大辞泉の解説

さいかち【皂莢】

マメ科の落葉高木。山野や河原に自生。幹や枝に小枝の変形したとげがある。葉は長楕円形の小葉からなる羽状複葉。夏に淡黄緑色の小花を穂状につけ、ややねじれた豆果を結ぶ。栽培され、豆果を石鹸(せっけん)の代用に、若葉を食用に、とげ・さやは漢方薬にする。名は古名の西海子(さいかいし)からという。 実=秋 花=夏》「夕風や―の実を吹き鳴らす/露月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

皂莢の関連キーワード糞葛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android