コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆吉爽雨 みなよし そうう

美術人名辞典の解説

皆吉爽雨

俳人。本名大太郎。俳句は『ホトトギス』を読み、虚子選の「国民俳壇」に投句。『山茶花』創刊。戦局悪化のため廃刊、再び『雪解』創刊主宰。句集『雪解』『寒林』『雲坂』等。昭和58年(1983)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皆吉爽雨 みなよし-そうう

1902-1983 大正-昭和時代の俳人。
明治35年2月7日生まれ。大阪で住友電気工業につとめ,かたわら高浜虚子に師事。昭和20年上京,21年「雪解(ゆきげ)」を創刊した。42年句集「三露」などにより第1回蛇笏(だこつ)賞。俳人協会副会長。昭和58年6月29日死去。81歳。福井県出身。福井中学卒。本名は大太郎。
【格言など】累々と莟(つぼ)むを歯にぞ花菜漬(はななづけ)(「声遠」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

皆吉爽雨の関連キーワード住友電気工業皆吉 爽雨日脚伸ぶ囮・媒鳥雪下ろし濡れ燕春一番火桶魚島

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android