コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆吉爽雨 みなよし そうう

2件 の用語解説(皆吉爽雨の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

皆吉爽雨

俳人。本名大太郎。俳句は『ホトトギス』を読み、虚子選の「国民俳壇」に投句。『山茶花』創刊。戦局悪化のため廃刊、再び『雪解』創刊主宰。句集『雪解』『寒林』『雲坂』等。昭和58年(1983)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皆吉爽雨 みなよし-そうう

1902-1983 大正-昭和時代の俳人。
明治35年2月7日生まれ。大阪で住友電気工業につとめ,かたわら高浜虚子に師事。昭和20年上京,21年「雪解(ゆきげ)」を創刊した。42年句集「三露」などにより第1回蛇笏(だこつ)賞。俳人協会副会長。昭和58年6月29日死去。81歳。福井県出身。福井中学卒。本名は大太郎。
【格言など】累々と莟(つぼ)むを歯にぞ花菜漬(はななづけ)(「声遠」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

皆吉爽雨の関連キーワード深川正一郎石田あき子尾崎迷堂栗生純夫後藤夜半島田依史子高柳重信滝田不勿松野加寿女室積波那女

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone