皇居東御苑(読み)コウキョヒガシギョエン

デジタル大辞泉の解説

こうきょ‐ひがしぎょえん〔クワウキヨひがしギヨヱン〕【皇居東御苑】

皇居の東側の一角にある庭園。旧江戸城の本丸・二の・三の丸の一部を皇居付属の庭園として整備したもので、昭和43年(1968)から一般に公開されている。天守台桃華楽堂三の丸尚蔵館宮内庁楽部書陵部庁舎などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇居東御苑の関連情報