コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益之正謙 えきし しょうけん

1件 の用語解説(益之正謙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益之正謙 えきし-しょうけん

?-1497 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。一州正伊(しょうい)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼったのち,下野(しもつけ)(栃木県)鹿沼(かぬま)に瑞光寺をひらき,正伊を開山(かいさん)にまねき,自分は2世となる。晩年は相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺にはいり,のち瑞光寺にもどった。明応6年1月18日死去。法名は永謙ともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

益之正謙の関連キーワードメリリャ債務整理をめぐる弁護士とのトラブル石山寺縁起喜望峰ホルバイン毛利元就カボットガマサボナローラメリリャ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone