コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益戸滄洲 ますど そうしゅう

1件 の用語解説(益戸滄洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益戸滄洲 ますど-そうしゅう

1726-1777 江戸時代中期の儒者,俳人。
享保(きょうほう)11年2月26日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。本方奉行,勘定奉行をつとめる。俳諧(はいかい)を吉川五明(きっかわ-ごめい)にまなび,巴丁(はちょう)(巴釣)の俳号をもつ。儒学の弟子に角館(かくのだて)に家塾の致道館をひらいた畑駒岳がいる。安永6年7月29日死去。52歳。名は秀典。字(あざな)は伯惇,君徽。通称は助四郎。別号に沙鴎(さおう)など。著作に「鹿廼細道」,句集に「鴎草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

益戸滄洲の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物山中一揆豊竹此太夫沼波弄山芦別岳古検斯波園女新検玉菊

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone