目連の草子(読み)もくれんのそうし

世界大百科事典 第2版「目連の草子」の解説

もくれんのそうし【目連の草子】

室町時代の短編物語。甘露飯王(かんろぼんおう)の太子の目連は,15歳で受戒してとなるが母を失う。37歳の3月25日,死んで冥途に遍歴し,黒縄地獄の亡母対面。母は目連に財を与えようとした慳貪けんどん)の罪で餓鬼に堕し,さらに出家した目連のために大阿羅漢の死を願って地獄に堕していた。4月1日に蘇生した目連は写経供養して母のを救い,7月15日に盂蘭盆会(うらぼんえ)を行った。盂蘭盆の起源説話であるが,《盂蘭盆経》や中国の所伝,あるいは《三国伝記》や後代の《目連記》の所伝とは異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報