コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目連の草子 もくれんのそうし

1件 の用語解説(目連の草子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もくれんのそうし【目連の草子】

室町時代の短編物語。甘露飯王(かんろぼんおう)の太子の目連は,15歳で受戒して僧となるが母を失う。37歳の3月25日,死んで冥途に遍歴し,黒縄地獄の亡母と対面。母は目連に財を与えようとした慳貪(けんどん)の罪で餓鬼に堕し,さらに出家した目連のために大阿羅漢の死を願って地獄に堕していた。4月1日に蘇生した目連は写経供養して母の苦を救い,7月15日に盂蘭盆会(うらぼんえ)を行った。盂蘭盆の起源説話であるが,《盂蘭盆経》や中国の所伝,あるいは《三国伝記》や後代の《目連記》の所伝とは異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

目連の草子の関連キーワード甘露路篤長甘露寺勝長甘露寺国長甘露寺伊長甘露寺嗣長浄飯王甘露酒甘露水甘露利益甘露醤油

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone