コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慳貪/倹飩 ケンドン

デジタル大辞泉の解説

けん‐どん【×慳貪/倹×飩】

[名・形動]
物惜しみすること。けちで欲深いこと。また、そのさま。
「吝嗇で、―で、恥知らずで」〈芥川地獄変
思いやりのないこと。じゃけんなこと。また、そのさま。「―な口を聞く」「―に物を言う」
[名](多く「倹飩」と書く)
江戸時代、盛り切りで売るうどん・そば・飯・酒など。
倹飩箱」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

慳貪/倹飩の関連キーワード呑・吞・曇・貪・鈍けんもほろろ目連の草子怒りを遷す突っ慳貪茶だんす下駄箱袋戸棚中っ腹餓鬼道六蔽

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android