(読み)メクラ

  • ▽盲
  • ▽盲/×瞽
  • めしい ‥しひ
  • めしい〔しひ〕
  • めし・いる ‥しひる
  • めし・う ‥しふ
  • もう
  • もう マウ
  • もう・す マウ‥
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

視力を失っていること。盲目。
文字を理解できないこと。
物事筋道本質をわきまえないこと。
目の見えないこと。盲目
常用漢字] [音]モウ(マウ)(漢) [訓]めくら めしい
目が見えないこと。目が見えない人。「盲亀盲人盲点盲目雪盲・夜盲」
ある感覚が欠如していること。「味盲
わけがわからない。「盲愛盲従盲信盲爆
突き抜けていない。「盲腸盲管銃創

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 目が見えないことをいった。また、その人。盲目。
※地蔵十輪経元慶七年点(883)四「有る人自ら其の目を挑りて、盲(めシヒ)にして」 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
〘自ア上一(ハ上一)〙 めし・ふ 〘自ハ上二〙 (「目(め)(し)う」の意。室町時代頃からヤ行にも活用した) 視力を失う。目が見えなくなる。
※大智度論天安二年点(858)六六「若し男子女人の眼病み〈略〉盲瞽(メシヒ)たるときに」
※栄花(1028‐92頃)御裳着「めしゐたる者は、かかる事あなり」
〘名〙 目が見えないこと。めしい。転じて、物事の本質を見抜く力がないこと。
※わらんべ草(1660)四「其色を見ずして物いふ、これを盲(マウ)と云」 〔韓非子‐解老〕
[1] 〘自サ変〙 目が見えなくなる。視力を失う。めしいる。
※今昔(1120頃か)四「若し実有(な)らば、願くは此の衆(もろもろ)の涙を以て彼の盲したる眼(まなこ)を洗はむに」
[2] 〘他サ変〙 目を見えなくさせる。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉附録「唯夫れ如何にして満天下の耳を聾し眼を盲(マウ)し以て全く視聴する莫らしむる事を得べき」
〘自ハ上二〙 ⇒めしいる(盲)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【盲人】より

…視覚障害を伴った人。盲は〈もう〉と読み,〈めくら〉という言葉は使わない。盲といえば何も見えない状況の全盲をさすが,明暗の区別がわかる程度のもの(明暗弁)および眼前の手の動きがわかる程度のもの(手動弁)など強度の弱視も含まれることが少なくない。…

※「盲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盲の関連情報