盲縞(読み)メクラジマ

大辞林 第三版の解説

めくらじま【盲縞】

紺無地の綿織物。主に作業用の足袋・脚絆、職人の腹掛けなどに用いられる。青縞。盲地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐じま【盲縞】

〘名〙 経(たていと)・緯(よこいと)とも紺糸で織った綿布。紺の織色の綿布。青縞。紺木綿。紺無地。織紺。めく。めくらじ。
浮世草子・好色二代男(1684)二「目くら嶋(シマ)の袷羽織」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android