コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接反応 ちょくせつはんのうdirect reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直接反応
ちょくせつはんのう
direct reaction

核反応のうちで複合核を経ないで起る過程。入射粒子は標的原子核の表面付近で少数核子とだけ相互作用をする。また重陽子が標的の原子核をかすめて中性子がはぎ取られ,陽子だけがそのまま出ていくストリッピング反応も直接反応の一例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

直接反応の関連キーワードリン化ガリウム(燐化ガリウム)ダイレクト・マーケティングボルン‐ハーバーサイクルカルバミン酸アンモニウム五塩化リン(五塩化燐)ダイレクト・メール水素化カルシウム塩化ニトロシルハロゲン化水素硫化ナトリウムフッ化キセノンオキシゲナーゼハロゲン化物空中窒素固定塩化チオニルガリウム砒素原子核反応カドミウムフッ化黒鉛ルテニウム

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直接反応の関連情報