コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直流‐交流変換 ちょくりゅうこうりゅうへんかんDC‐to‐AC converter

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくりゅうこうりゅうへんかん【直流‐交流変換 DC‐to‐AC converter】

直流の電力から交流の電力への電力変換。逆変換ともいう。この変換を実現する装置を逆変換装置またはインバーターという。直流から交流を得るのにはスイッチ作用をもつデバイスで直流を断続する。サイリスターではアノードとカソードの間に逆バイアス電圧を印加しないと電流を切ることができないが,この電圧を変換装置の外部で供給するものを他励インバーター,内部に蓄えたエネルギーで与えるものを自励インバーターという。他励インバーターでは出力周波数はこの電圧の性質で決まるが,自励インバーターでは自由に制御できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の直流‐交流変換の言及

【電力変換】より


[電力変換の種類]
 電力変換は変換するまえとあとの電力の形態が交流か直流かによって,例えば交流から直流への変換を交流‐直流変換と呼ぶ。したがって電力変換には,交流‐直流変換(整流,あるいは順変換ということもある),直流‐交流変換(逆変換ともいう),直流‐直流変換,交流‐交流変換の4種類がある。
[電力変換の応用]
 電源電力と負荷の要求する電力の形態が異なる場合に電力変換が必要となる。…

※「直流‐交流変換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直流‐交流変換の関連キーワード常時インバーター方式常時商用方式直流

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android