電力変換(読み)でんりょくへんかん

世界大百科事典 第2版の解説

でんりょくへんかん【電力変換】

電気システムの中で電気エネルギーの利用のために伝送される電力について,その形態を特徴づける変数である電圧電流周波数(零周波数としての直流も含む),位相,相数などの量の一つ以上を実質的なエネルギー損失を伴うことなく別の形態に変えることをいう。かつては回転変流機など電気機械による電力変換も行われたが,現在はサイリスターダイオードなどの電子的な手段を用いた静止電力変換によっている。静止電力変換を行う装置静止電力変換装置という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電力変換の関連情報