コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力変換 でんりょくへんかん

世界大百科事典 第2版の解説

でんりょくへんかん【電力変換】

電気システムの中で電気エネルギーの利用のために伝送される電力について,その形態を特徴づける変数である電圧,電流,周波数(零周波数としての直流も含む),位相,相数などの量の一つ以上を実質的なエネルギー損失を伴うことなく別の形態に変えることをいう。かつては回転変流機など電気機械による電力変換も行われたが,現在はサイリスターダイオードなどの電子的な手段を用いた静止電力変換によっている。静止電力変換を行う装置を静止電力変換装置という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

電力変換の関連キーワードワード・レオナード方式パワーエレクトロニクスリニアモーターカーインバーター制御スイッチング電源直流‐交流変換インバーターチョッパー電動発電機電圧制御直流送電系統連系整流器連系線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電力変換の関連情報