コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直視分光器 ちょくしぶんこうきdirect vision spectroscope

4件 の用語解説(直視分光器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直視分光器
ちょくしぶんこうき
direct vision spectroscope

直接手に持って光源のスペクトルを簡便に観察できるようにした分光器手持ち分光器ともいう。普通は入射スリットと複数の三角プリズムを貼合せたものとレンズでできていて,分散によるわずかのぶれを除いては,だいたい光源を見通す直線に沿ってくるようになっているので,直視するのに便利にできている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょくし‐ぶんこうき〔‐ブンクワウキ〕【直視分光器】

短焦点のコリメーターレンズと直視プリズムまたは小型の回折格子を用いた分光器。手持ちで利用できる携帯型のものが多く、理科教育や宝石鑑定に用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

直視分光器【ちょくしぶんこうき】

三角プリズムを数個組み合わせて,スペクトルを光の入射方向に見られるようにした分光器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直視分光器
ちょくしぶんこうき

直視プリズムを用いた分光器。手持分光器ともいう。普通、長さ10センチメートル程度の筒状で、固定あるいは調整できるスリットと短焦点のコリメーターレンズおよび3ないし5個構成のプリズムからなっている。[中島篤之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の直視分光器の言及

【分光器】より

…もともと光のスペクトルを目で観測するための道具につけられた名称であり,その後も狭い意味でこの解釈は通用している。代表的なものとして図1に示す直視分光器があり,また定性あるいは半定量発光分光分析を目的とした専用可搬型の装置もいくつか市販されてきた。しかし目を検出手段とする方法ではスペクトル領域が可視域に限られその用途は狭い。…

※「直視分光器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone