コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互牽制 そうごけんせい

1件 の用語解説(相互牽制の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相互牽制

内部統制システムのひとつ。組織内部における不祥事を防止するためのシステム。特定の従業員への権限の集中や、広範な裁量の付与を避けることが目的。相互牽制システムによって、内部者による情報の持ち出し、あるいは権限を越えた個人データへの不正アクセスなどの事故を未然に防ぐ。企業の相互牽制システムには次の3つが含まれる。ローテーション人事、長期休暇の強制取得、内部通報システムである。ローテーション人事と長期休暇の強制取得は、1人の社員が1つの職場に固定し続けることを回避するために必要となる。また、内部通報システムは、社内の不祥事に気づいた社員が不利益を被ることなく、しかるべき機関に通報することを可能にするため、必要となる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相互牽制の関連情報