コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対済法 あいたいすましほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相対済法
あいたいすましほう

江戸時代,享保4 (1719) 年 11月に出された享保の改革の法令の一つ。激増する金銀貸借に関する一切の訴訟幕府は取上げないこととし,それを当事者間で解決するように命じたもの。年々町人からの借金により貧窮する幕臣たちを救済する意味をもっていた。ところが,貸方は法の保護がなくなり,借金の踏み倒しが続出し,経済界が混乱したので,幕府は翌年不当な借方に対する訴訟に限り受理することとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

相対済法の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android