相生橋(読み)あいおいばし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相生橋
あいおいばし

広島市の中心太田川(本川(ほんかわ))と元安川の分岐点に架かる三叉(さんさ)橋。かつて2河川の分岐点に、木橋が架けられていたため、この名称がつけられた。のち近代的な橋に付けかえられ市電が走った。1945年(昭和20)8月6日の原爆投下はこの橋を目標に行われ、橋は破壊され、川面には多くの死者が流れた。その後新橋に架けかえられ、平和公園はこの南にある。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の相生橋の言及

【月島】より

…北西部は隅田川に面し,南東部は朝汐運河をはさんで晴海(新月島)に接する。1893年に,佃島と江東の工業地帯を結ぶ相生橋が晴海運河に架橋され,これと第1次大戦前後の好景気とが相まって,金属・機械工業の中小工場が集まり始め,市街地化が進んだ。1940年に北西側対岸の築地との間に勝閧(かちどき)橋(全長246mの可動橋。…

※「相生橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相生橋の関連情報